カウンセラーかなりんの遊々随想

口紅をつけた女たち

 先日公開された松井久子監督の映画「何を怖れる」のなかで、田中美津さんが連合赤軍の永田洋子に会った際のエピソードを語っている。彼女とは先方から指定された某所の喫茶店で会った。永田が滔々と語る革命理論には全く関心がなかったが、唯一興味をもったのが、「次はいつ食べられるか分か

カウンセラーかなりんの遊々随想

禁煙記念日

“「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日”                ─俵万智「サラダ記念日」“節分に大した意味もないけれど二月三日は禁煙記念日”              ─かなりん「禁煙記念日」 一年前の今日、煙草をやめた。そんなに重大な決心を

男Nのニートからの旅立ち

継続は力、らしいので

「よいおとしを」も「あけましておめでとう」もなく、中期休暇からしれっと戻って思い出したようにブログを書く。ただいま午前5時。早朝覚醒なんだけれど文章を書くにはこのくらいの時間が丁度いい。冬はつとめてついでってわけでもないけれど、ツイッターも復活してみた。mixiも復活

カウンセラーかなりんの遊々随想

ナイーブ・リアリズム

 社会心理学に「ナイーブ・リアリズム」という言葉がある。人は誰でも「自分だけは他者と違って、外界の事物を客観的事実そのままに見ている」のだと思っている。そして「自分の態度、考え、好みなどはそうした冷静で歪みのない理解の結果だ」という信念を持っている。その信念のことを「

新米ママmocoの子育て日記

インフル事件?

小学校でインフルエンザが流行、同じ学年が学級閉鎖になった。怖いけれど、移るかどうかは運だと私は思っている。けれど、やはりいろんな親がいるのだと改めて思った。学級閉鎖になったクラスのひとりの親は、誰がインフルエンザ菌をクラスに撒き散らしたのか感染経路を調べてほしいと凄い剣幕

カウンセラーかなりんの遊々随想

自己中に乾杯!

 今日は仕事で一日中外出していた。移動はJRと東京メトロ、そして途中短い区間だったがバスにも乗った。「事件」は、そのバスの中で起きた。 そのバスは、夕方だったせいか結構混んでいた。通路に立っている人も多く、私もちょうど真ん中の柱のあたりに窮屈に位置取りをした。それ程

カウンセラーかなりんの遊々随想

「うだうだ」の効用

 以前、一人暮らしの90代の伯母が脚の骨折で入院した時のことである。今の病院は、高齢者だからといって、完治するまで置いてくれたりはしない。ひととおりの治療が終わると一週間くらいで退院を勧告され、その後のリハビリテーションのための転院先も決まらずに、困ってしまって、専属

新米ママmocoの子育て日記

明けました。

明けまして、おめでとうございます。一週スキップしてしまいました。息子は昨日から登校して、給食も昨日から始まりました。私も息子も冬休みで、すっかりだらけていたので寝るのも遅くて昼間に眠くなってしまいます。でも学校も習い事も始まりついていくのに精一杯。しかも明日は公開保育

カウンセラーかなりんの遊々随想

年の初めに

 皆さま、明けましておめでとうございます。 それにしてもお正月のお休みって、どうしてこんなに逃げ足が速いのかしらねえ。。あっという間の三が日。そして今日は早くももう仕事始め。 といっても私の仕事始めは明日。最後のお休みとなった今日は、朝から新宿に映画を観に行った。伊

カウンセラーかなりんの遊々随想

自由と不自由の間

 何やかんややっている間に、今年最後のブログになった。CSNを立ち上げて最初にブログを書いたのは、辿っていってみると設立1年後の2005年3月5日。かれこれ10年間ブログを綴ってきたことになる。 その間にmixiとかFacebookとかのSNSなるものが普及し、ブログ