カウンセラーかなりんの遊々随想

催眠のすすめ

 mocoちゃんご主人代筆ブログのコメント(こちら)でも書きましたが、先週の日曜日の午前中に自己催眠をかけました。テーマは「禁煙」。以前「不眠」でかけたことがあるのですが、それにしても随分久しぶりの自己催眠でした。効果は我ながら驚くほどです。 風の噂に聞くところでは、m

七色仮面の告白日記

砂の坂

ここ最近の心模様、まるで自分の足にチェーンで繋がれ、かなり重い球をつけたまま、砂の坂を上っているようだ。重い球は否定感であり、上るために使われるエネルギーは砂という感情に足をとられ、そして坂の下には人生脚本の結末がある。その結末も「どうせ人なんか」というものに加え、

カウンセラーかなりんの遊々随想

「胸から上」でも

 先週の男Nのブログにもチラッと触れていたけど、およそのNPOが主催するコミュニケーションワークに参加してきました。 たまにはこういうのもいいですね。特に今回は、長年企業で研修を担当してきた方がリタイア後に「金より思い」でやっている、なかなか趣のあるグループでした。

カウンセラーかなりんの遊々随想

内を向いて歩こう…

 毎日うっとおしい梅雨空が続いていますね。こんなときはどうも心が外に向かっていかず、内側に入り込みやすい。「脚本」にも入りやすいので、ご用心あれ! 私はといえば、昨日から今日にかけて、久々のオフということもあり、たまってしまった学会誌の論文や、昔読んだカウンセリング関

臨床検査技師・ひろみんのラブ&ピース

「見たくないもの」

CSNの門を叩いて早や3年。当初の私は人間不信と自信喪失で極度の緊張状態にあった。表情筋の強張りと全身の硬直。手先の震えと書頸。聴力認知力、視界認知力、読解力、理解力、記憶力の全てが低下しインプットしてもスムーズにアウトプットできなかった。エネルギーだけは有り余っていた

七色仮面の告白日記

CSNの片隅で

一昨日、宛てもなく出かけた。夏を思わせる太陽とその空気は、自分の気持ちを激しく照らした。家を出れば人と会い、大通りに出ると更に人、ましてや新宿に出ようものなら、人の洪水。慣れていたというか、当たり前の光景だった。でもその日はやけに、行き交う人の表情、発している言葉、隠さ

カウンセラーかなりんの遊々随想

度し難きもの

 かなり前のことになりますが、テレ朝で「朝まで生テレビ」という番組があり(今でもある?)、どういうテーマか忘れてしまいましたが、そのなかで、ある韓国の評論家か何かが、歴史上の自国に対する日本の行為を激しく批判する意見を述べたとき、映画監督の大島渚氏が「そういう意見はもう

七色仮面の告白日記

水無月のジンクス

何かを話そうとする。相手は誰?話の内容は?そのときの自分の感情は?言葉が出にくい。どうやって伝えれば、どうやって返せばいいの…感じたまま返せばいいだけなのに、返す言葉をためらってしまう。そう、感じる。感情が液体なら、言葉は固体。感じたまま返すことって、こん

男Nのニートからの旅立ち

自己を語る語彙

今日のタイトルは石川良子さんの著書「ひきこもりの〈ゴール〉」から拝借しています。十数年前、大学4年生のとき、僕はなんだかとっても(心が)病んでいて、就活も院試も投げ出し、電話線も引っこ抜き、誰にも会わずに2~3週間暗い部屋でただただじっとしていました。望んでいたようない

カウンセラーかなりんの遊々随想

行間の妙

 先週末に千葉の労働者福祉センターで開催された「神田橋條冶 精神療法セミナー」に、男Nとともに行って参りました。 先生のご尊顔を拝したのは2年ぶり。所も同じこのセンターで、ブログ(こちら)にも書いておりますが、今回はあの独特の神田橋節、前回にも増して冴えておられた感があ