カウンセラーかなりんの遊々随想

文化の国のサッカー

 昨日の未明に初めて4時からのW杯をライブで見た。今までライブで見たのは、日本戦も含めて日本時間の夜10時から始まるやつだけ。仕事があるのに全部ライブで見て、あげくの果てに夜中に急性胃腸炎で倒れて自分で救急車呼んで入院したなんてツワモノ(?!)もいたけど(知人の話)、そこまでの入

男Nのニートからの旅立ち

時の流れと対峙する

今日は一日だらけきった生活を送った。ブログを書くのも忘れるくらい。ノートンアンチウィルスを買いに行きたかった。朝食を作る練習をしたかった。それなのに・・・自炊もできなかった。コンビニ弁当を久々に買ったが水道料金を払うのを忘れた。まあこういう日もあるのかねえ。以前は

カウンセラーかなりんの遊々随想

「カウンセラー」という仕事

 このところ当法人のカウンセリングルームをレンタルして、ご自分のカウンセリングに使うカウンセラーさんがぼちぼち出てきている。今日もTさんが申し込んでくれていて、1ケースを行っていった。 Tさんはときどき来訪してくれるのだが、今日はちょっと疲れた顔をしていた。彼女は大学やクリニッ

男Nのニートからの旅立ち

身近な“MOTTAINAI運動”

コンビニでは当たり前ですが食品も売っています。賞味期限の切れた食品はどうなるのか?ホームレスさんの口に入るのかな?と思っていましたが、現実は違いました。全部廃棄しちゃうんです。廃棄は期限当日です。中には期限の2日前や、50日前なんてのもあります。これは元締めからの指

カウンセラーかなりんの遊々随想

芝居のなかの「ゲーム」

 一週間ほど前になるが、シアターコクーンで上演中の「ヴァージニアウルフなんかこわくない?」を観た。前売りは買ってなかったんだけど、「大竹しのぶ快演!」という新聞の劇評を読んで俄然観たくなり、並んで当日券を手に入れた。 この芝居は学生時代にアトリエ公演をしたことがあり、まず懐かし

男Nのニートからの旅立ち

気がつけばフリーター

このブログは「男Nのニートからの旅立ち」というタイトルです。タイトルの通り、ニートから抜け出していくさまを書こうということで、でもどうやって?なんてことはわからずにとにかく書いていたわけですが、気がつけばフリーターになってました。「ニートやフリーターの問題」とか、一緒に

カウンセラーかなりんの遊々随想

ビッグイシュー勝手連

 今日男Nが恵比寿駅西口前で「ビッグイシュー」を買ってきた。この時期に合わせてベッカム様が表紙のやつ。NO52である。私もこの間渋谷駅南口で買った。今まで余り目にせずなかなか買えなかったのだが、結構近くで売ってることが分かった。 「ビッグイシュー」は、以前このブログでも紹介した

男Nのニートからの旅立ち

コンビニの裏事情の一つ

久々にサッカーネタ以外を書こうと思ったのですが、やっぱり少しだけ。見事に負けました、日本代表。あれだけ見事だとかえってサッパリします。モロに実力の差が出た感じでした。ブラジルもやっと調子が出てきましたね。さすが優勝候補です。サッカージャーナリストの大御所、後藤健生氏曰

カウンセラーかなりんの遊々随想

大いなる「無意味」との戦い

 男Nの力作「サッカー論」がめでたく終了したところで、私の「サッカー談義」も今日で最後にしたいと思います(多分)。ずっと「人のふんどし」で書いてきた感もあるので、今日はできるだけ自分の思いを綴ってみようかな。 私が感嘆するのは、サッカーに限らず一流のアスリートたちの肉体と精神が

男Nのニートからの旅立ち

僕が日本代表を応援する理由

1993年。Jリーグ開幕。W杯アメリカ大会アジア最終予選。日本サッカーの新たな時代が始まってから13年。世界情勢も日本の情勢も変わった。サッカー選手も。見る人々も。そして僕も。94年大会はW杯出場が夢に終わった。98年大会は悲願の初出場を果たした。02年大会は共催だが