七色仮面の告白日記

気になる詰め物

歯の詰め物を飲み込んでしまった。先月末に取れてしまい、何度か外れては自分で付けたりを繰り返していた。粘着の高いガムやキャラメル、詰め物のある歯を使わないようにし、ごはんも意識していた。先週は全く取れる様子もなかったので放っておいたら、意外にも菓子パンを食べたときに

カウンセラーかなりんの遊々随想

星を見たねずみ女房

 放大大学院の「臨床心理学特論」放送授業は回を重ねて中盤を迎えたところだが、このところなかなか面白い講義が続いている。先日は「ライフサイクル論─成人期」のところで、担当の滝口俊子教授が、ルーマー・ゴッテンという人が書いた「ねずみ女房」という児童書の話をした。 これが、

新米ママmocoの子育て日記

病院通い

今週は大学病院で前回撮ったMRIの画像をもって診察にいってきた。脳の部分の説明などいろいろしてくれるのですが・・・。部所の名前をズラズラと言われてもあまりわからなかった。でも頭の中に写っている影は、あまり良くない物のようです。とりあえずどんな物なのかを造影剤を使ってCTと

七色仮面の告白日記

IT社会が与えた世界

特例子会社という組織上、心身に障害がある人はたくさんいるが、そんなことを忘れてしまいそうな環境だ。視覚、聴覚、肢体等に不自由があっても、それがかえってチカラとなり、業務に還元しているのではないかと思うほど、持ち合わせている技術は高い。私が属しているグループには聴覚障

カウンセラーかなりんの遊々随想

知るほど怖い「脚本」

 今年の1月から始まったTA(交流分析)の講座が終盤を迎えている。今期のテーマは「脚本分析」。初めの頃はなかなか理解が進まなかった「脚本」という概念が、やっと皆の中に取り込まれつつある。いやぁ、めでたい。 知れば知るほど、「知らないで生きる」ことの怖さが痛感される「脚

七色仮面の告白日記

目覚めの追求

入社してから2週目が過ぎた。毎日業務の引き継ぎや新たな担当の段取り、レポート提出に追われる日々。週5日勤務も今週からなので、これをクリアすればペースもつかめ、あとはいかに順応させていくかだ。ペースをつかむには、私の場合朝の目覚め対策が必須だ。目覚めが弱点な私は、と

男Nのニートからの旅立ち

脚本抜けて また・・・

賃貸契約更新手続ちんたいけいやくこうしんてつづきこの言葉自体は嫌いではないうん 嫌いではない手続き自体も嫌いではない実際に手続きしてしまえばもはや嫌いではないとにかくスッキリしたホッとしたメンドクサイから解放されたこういうのはラケット感情?まあどっちでもいい

七色仮面の告白日記

ホンモノはいずこへ

昨今、ニュースを賑わせている食品表示偽装問題。大阪のホテルを皮切りに全国へ広がり、ついにはデパートまでその事実を明らかにしはじめた。いい食材を使い、見た目の豪華さに目を奪われ、高額な金を払ったのに食材はニセモノと言われれば、腹のひとつも立つかもしれない。しかしそれは「

男Nのニートからの旅立ち

契約更新が完了するまでは

ブログを1回休んでみた。なんとなくつきものが少し落ちた気がする。なんとなく今回は書く。いま現在も「~までは」脚本。一連の契約更新手続きが終わるまでは貸主が変わって勝手が変わってメンドクサイ書類を書いたり電話したりは苦手の苦手の超苦手メンチョもできるし血便も出る

カウンセラーかなりんの遊々随想

何をどうしてどうするのか? 「困窮者自立支援法」

 「困窮者自立支援法」なる法律が平成27年度から施行されるという。平成24年に成立した社会保障制度改革推進法からの流れで、生活保護制度に過度に依存している社会保障制度を見直そうという動きが強まり、厚労省の社会保障審議会「生活困窮者の生活支援の在り方に関する特別部会」が