カウンセラーかなりんの遊々随想

何をどうすればそうなるか?

 言われてみればそうなのだ。大勢の人が取りついていなければ機械が回らなかった生産システムはもはや過去のこと。今やほんの一握りの技術者で事足りる時代になってしまったわけだから、人力は殆どいらない。ましてや国境のないグローバル経済が推進されれば、労働力はできるだけ安い国から

七色仮面の告白日記

相手ありきの前に

一人目の彼、I。「知り合いの友人を、匿わなくてはいけなくなった。」続けて「しばらく連絡できない」と言うので、私は「大変だね、どのくらい?」と聞き返した。Iは「わからない」と答え、私は信じて疑わなかった。きっといつか、連絡がくるだろう。そう思ってしばらくしていると、風

男Nのニートからの旅立ち

枝豆、茹でちゃいました

「男N改造計画」進捗率は50%弱。まだ半分いってないの?と思われそうだけれども数字はあくまでも気分的なもの。壊れたテレビやパソコンなどの粗大ゴミ問題が片付けば気分的進捗率は一気に進むと思われる。さて、この記事を書いている今まさに自炊中。何を作っているのか?枝豆。最

ボーダー女のフェミキャリ一直線

出会うべき人にはもう出会っているのかもしれない

やっとすこし秋めいた風が吹き始めてほっとしております。こんばんは、F子です。むかーし、私が大学一年の時の必修授業で安富歩という先生に教わったことがありました。先日書店でたまたま安富先生の『原発危機と「東大話法」―傍観者の論理・欺瞞の言語― 』という本を見かけ、懐かしさに駆

新米ママmocoの子育て日記

会話

最近、ある事がきっかけとなり、なんかモヤモヤイライラが続くので自分の中の子と話をしようと思いました。そして、愕然としてしまいました。私の中の子供はまともに会話が出来るほどの年齢ではなかった。二歳児?! いや・・・もっと幼いかもしれません。話す言葉は嫌ばかり・・・。ジタ

カウンセラーかなりんの遊々随想

夏と酸欠面接とナンパの関係

 今日で8月も終わり。学校の夏休みも終わり。でも夏はまだまだ終わりじゃない。残暑は続く~よ、これからも~である。 昨日は小菅にある東京拘置所での仕事。閑散とした駅前からかんかん照りの道を歩いて10分ほど。改築されたらしい近代的な外観の高層ビルに辿り着く。見上げた夏空

七色仮面の告白日記

ストローキング

事業所へ通い出してから、丸五ヶ月が過ぎようとしている。カリキュラムもグループから個別になり、訓練生の特性に合わせた課題が毎日出される。私は実務経験があるということで、事業所で使う資料や備品作成といったものが多い。このような業務を通じて、かつて働いていたときの感覚が、

男Nのニートからの旅立ち

残暑の小品三種盛り

今年の夏はいろいろと印象に残る夏でした。そんな夏ももうすぐ終わり。ということで、今年の夏中に書いておきたいネタを3つほど。【真夜中に鳴く蝉】夜9時ごろ、半額セールを狙って近所のスーパーに行く途中、交差点にある大きな木で、蝉が鳴いていました。ったく、うるせえなあ・・・

ボーダー女のフェミキャリ一直線

勝手にお知らせ

えーっと皆様にお知らせがあります。今の会社を辞めることに決めました。一年ほどまえに今の上司の下になってから、ベテランの下請けさんの仕事を盗んだり、限りなく嘘に近い資料を作ってお客さんに説明したり、真っ当なことで怒る後輩さんを自分に嘘をついてなだめたり、ぐちゃぐちゃにな

カウンセラーかなりんの遊々随想

図書館の使い方

 先月あたりから近くの目黒区民センターにある図書館に通うようになった。今抱えている諸々の仕事に関連する資料を借り出すためである。 学生時代は、大学の図書館が休みになると専ら国会図書館まで足を運んだ。卒論を書く年の夏休みなどは殆ど毎日のように通いつめ、一日中在館した。何せま